練馬区に建つマンションについての情報を紹介します

練馬区は東京23区の西部に位置する区で、人口は23区中で2番目に多く、大江戸線や副都心線が開通したことによりマンションも多数建設されています。
入居者を募集している賃貸物件だけに限っても1万件以上が存在し、桜台駅より徒歩で1分ほどで着く物件や石神井公園駅より徒歩で2分ほどの物件など、交通アクセスに優れた物件が多数存在します。家賃に関しては、4万円以下の手頃な金額の物件も少なくありません。
練馬区は新築分譲マンションも複数あるのですが、その中の1つが下石神井に建つ地上8階建てで総戸数が54戸の鉄筋コンクリート製の物件です。この物件へは、井草高校バス停からは徒歩で5分ほど、上井草駅からは徒歩で7分ほどで到着することが可能で、都心からの距離も近いです。間取りは全部で8種類が存在しますが、インテリアカラーや浴槽の形状を選択することができたり、バスルームや洗面化粧台をグレードアップさせることができるオプションも存在します。南と西が道路に面している敷地内には背の高い常緑樹が植えられている他、落葉樹も複数植えられており、四季の移ろいを感じることが可能です。建物の外観はイタリアの高級住宅がイメージされており、高い耐久性を持つコンクリートが使われています。天井と床は2重になっており、保温性も優れるというメリットが存在します。また、エントランスから部屋に至るまでに4段階のセキュリティが設けられており、防犯性能が高いです。更に、災害時などに備えた食料備蓄倉庫も存在します。
平和台駅より徒歩で9分ほどの地点にも新築分譲マンションが建てられており、六本木へのアクセスがしやすいという長所が存在します。また、練馬春日町駅からも徒歩で10分ほどで到着が可能で、環八通りからも非常に近いです。エントランスはタイルと天然石を用いた駐車場を備えます。内装材にはホルムアルデヒドを抑えた物が使用されており、更にノンホルマリンの接着剤を用いることによってシックハウス症候群の対策が講じられています。また、住戸間の壁は18センチと厚く、音漏れを防止することによってプライバシーを守っています。玄関のドアは枠との間に隙間が設けられており、このことによって地震の際にドアが変形して開かなくなるという自体を防ぎます。セキュリティシステムもしっかりしており、警備会社との連携によって各住戸を見守り、問題発生時に速やかな対応が可能です。